長寿福祉会について

長寿福祉会とは

1965年(昭和40年)法人認可。
現在川崎市内で、「長寿保育園」「井田保育園」「あさのみ保育園」「ふくじゅ保育園」の4園を運営しております。
「法人理念「縁」(えにし)子ども、地域、未来、であい」を掲げ、職員一丸となって保育を支えてきました。
創立依頼、「子どものために」という思いを変わらず持ち続け保育を充実させてきました。
今後とも当法人に対しご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

理事長あいさつ

理事長 長瀬 学

保育園を始めたころの創設者の思い、今現在保育に携わっている職員の思いも、
「子どものために」という事は変わりません。
子どもの最善の幸福と、成長し社会に役立つ人間となるために、利用者及び地域と協力し、地域の子育て支援に尽力していく所存です。
そのために職員は豊かな愛情を持って子どもたちに接し、初めて社会生活を営む保育園での生活が快適で楽しいものであるように、子どもたちの心に寄り添い保育に努めてまいりたいと存じます。

法人理念

『えにし』子ども、地域、未来、であい保育に係わりであった、子ども、地域、未来を周りから見守り、支えていくことを大切にしていきます

長寿福祉会の長寿とは

地域の子どもたちが成長し、社会に役立つ人間となるためには、
心身ともに健康であることが重要だと考えて、
「子どもが長く健康であるように」との思いに加え
「子どもの成長を寿ぐ(ことほぐ・祝う)」ことの思いから
「長寿」と名付けました。

ページトップへ